[ English / Japanese ]

アクティブストロボイメージャの最適パラメータ決定

■アブストラクト

(画像をクリックしてください)

アクティブストロボイメージャで観察したヒト肌の変形


  周期的な高速現象を実時間でとらえる方法の一つにアクティブストロボイメージャ(ASI)がある.これは周期的な振動に,その振動よりも少し低い周波数で光を点滅させながら照射するとあたかも周波数の低い振動として観察できる現象(ストロボ効果)を利用している.ASIでは自発的に振動できない柔軟対象物を空気噴流によって周期的に振動させ,そこに周期的なストロボ光を照射することで対象物の振動の様子を可視化している.ASIを用いて柔軟物の観察を行う際に,設定しなければならないパラメータとして周波数とデューティ比があげられる.これらの値によって光のちらつき,像の鮮明度,振動の振幅が決定される.現在,「肉眼での観察のしやすさ」という観点から,これらの最適なパラメータについて研究を行っている.


■参考文献

ページトップへ